メニュー > 印象派

印象派の画像を313枚無料でダウンロードできます。商用・編集など、ご自由に使用してください。

フランスで展開された印象派の頃、日本では明治維新でした。 印象派の画家たちは、実際に目で見えたものを描こうとしていました。言うならば写実主義でもありましたが、今までと全く違う感性で周りを見ていました。 物そのものの形よりも、光や空気といったその場で感じることが出来る印象をキャンバスに再現しようとしていました。 明るく艶やかな色彩とその場の空気で自由に走らせた筆遣い。印象派の絵画はそれまでの画面と比べ明るく華やかになりました。

印象派以前

印象派の画家たちは従来の宗教画や神話画ではなく、市民社会にふさわしい風景画や風俗画のジャンルを追及した。そのために当時は理解や指示を受けなかったが、今では19世紀後半の代表的な画家の指示を獲得している。彼ら以前にも写生に基づく風景画を描いて、印象派に直接的な影響を与えた画家がいる。それは、コロー、ミレー、クールベなどの写実主義の画家たちによる自然の風景の探求であった。 オラス・ヴェルネはローマのフランス・アカデミーの院長も務めた官学派の画家だが、1830年代にすでにロマンティックな風景画をものにしている。

コローの『ヴィル・ダヴレー』やクールベの『海辺のボート、エトルタ』は、それぞれコローやクールベにとってのなじみの場所であり、彼らはその場所を繰り返し描いた。トロワイヨンとドービニーの写実的なふうけいがの進展に寄与している。ブータンの描くトゥルーヴィルやドーヴィルは、モネをはじめ印象派の風景画家たちも足を運んだノルマンディー海岸の行楽地である。 コローの風景とは、クールベのように徹底した存在の追求ではなく、またレミーが求めたような人間の生活感情の反映でもなく、追憶の持つ落ち着いた静けさが露呈されている。それは、存在するものだけではなく、その周囲の空気や光の変化のどにも鋭敏な感覚を働かせていることころから、のちの印象派を予告するものだと言えるだろう。

クールベが生まれ故郷のオルナンの自然へと注いだものと同じような鋭い視線を、第二帝政及び、第三共和政時代へのパリに向けたのが、マネであった。彼は、1860年代には、当時の前衛芸術家たちの間の中心的存在であり、後に印象派の画家たちがグループを成型するうえで重要な役割を果たした。しかし、彼らが開催したグループ展にはついに一度も参加せず、美術アカデミー主催のサロン(官展)を発表の場に選んだ。マネ芸術には革新性と保守性が共存している。『悲劇役者(ハムレットに扮するルヴィエール)』にはベラスケスの影響が、静物画にはシャルダンや17世紀オランダ絵画の影響がみられる。 先輩画家たちの素直な現実観察の態度を受け継ぎながら、都外の明るい太陽の輝きを捉えようとしたのが、印象派の画家たちである。

印象派の画家たちは、1874年から86年にかけて8回におよぶグループ展を開いた。それは、当時の美術アカデミーが主催していたサロン(官展)に入選しにくかったからである。第一回のグループ展に集まったのは、モネ、ピサロ、シスレー、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ブータンなどで、この当時、モネの出品した作品に対する悪口から「印象派」と言う名称が生まれたのは有名な話である。

モネやルノワールと親しく交わったバジールは、1870年に普仏戦争に従軍して戦死したら、このグループ展には参加できなかった。主要画家のうち、風景画の分野で著しく進展をみせるのは、モネ、ピサロ、シスレ―。都市風俗画の分野に新機軸を打ち立てるのはドガとフォラン。ルノワール、カイユボット、モリゾなどは両方の分野で活躍した。 初期のモネの作品『揺りかご、カミーユと画家の息子ジャン』は、愛人のカミーユとの間に生まれた長男ジャンの姿を描いたほほえましい情景。2人は『日傘の女性、モネ夫人と息子』に再び登場する。ルノワールの『ポンヌフ』はセーヌ川に架かる橋を描いた。モネの『太鼓橋』は晩年のジヴェルニーでの作品である。印象派画家のパトロンの役も果たしたカイユボットは、川の行楽としてのボート遊びを描き、ドガとフォランは都市の景観としての踊り子を描いた。

このページは、画像素材|ジーソザイの中でも印象派の素材を全て表示しています。印象派の素材は無料にて配布しておりますので、印象派に関連した素材をお探しの方、是非ご利用下さい。



エドゥアール・マネ「草上の昼食」1862エドゥアール・マネ「草上の昼食」1862
絵画 印象派
エドゥアール・マネ「笛を吹く少年」1866エドゥアール・マネ「笛を吹く少年」1866
絵画 印象派
エドゥアール・マネ「オランピア」1863エドゥアール・マネ「オランピア」1863
絵画 印象派
エドゥアール・マネ「フォリー・ベルジェールのバー」1882エドゥアール・マネ「フォリー・ベルジェールのバー」1882
絵画 印象派
ゴッホ「オーヴェルの教会」ゴッホ「オーヴェルの教会」
後期印象派 絵画
ゴッホ「夜のカフェ」ゴッホ「夜のカフェ」
後期印象派 絵画
ゴッホ「糸杉のある麦畑」ゴッホ「糸杉のある麦畑」
後期印象派 絵画
ゴッホ「ウジェーヌ・ボックの肖像」ゴッホ「ウジェーヌ・ボックの肖像」
後期印象派 絵画
ゴッホ「ジャガイモを食べる人々」ゴッホ「ジャガイモを食べる人々」
後期印象派 絵画
ゴッホ「カラスのいる麦畑」ゴッホ「カラスのいる麦畑」
後期印象派 絵画
ゴッホ「ローヌ川の星月夜」ゴッホ「ローヌ川の星月夜」
後期印象派 絵画
ゴッホ「夜のカフェテラス」ゴッホ「夜のカフェテラス」
後期印象派 絵画


人気画像素材

(ログファイルの読み込みに失敗しました)


スポンサードリンク